日本拳法とは

 日本拳法は故・澤山宗海宗家が昭和7年に日本で初めて防具着装よる実戦の拳法を創始されたことにその歴史を発しています。          「日本拳法」という名称が冠せられ、安全な防具を装着することにより、拳(こぶし)や足により、突く、打つ、蹴る、投げ技、関節技を行うすべての実戦練習が可能となり、格闘技の神髄を追求すべく日本拳法が誕生しました。総合格闘技の元祖とも言われております。           防具装着部である面・胴を直接加撃することにより競技が行えるため、実践的な格闘技であるといえます。その実用性は警察の逮捕術や自衛隊の徒手格闘の基礎となっていることからも分かります。なお、中学生以下は面を着用せず、面への直接加撃は禁止されています。                               現在では日本拳法は、全国の主要100大学余に日本拳法部、社会人団体110余、小中学生の団体少年連盟、高校連盟、各県連盟に存在します。